トップ > 会社情報 > 安全対策

沖縄ダイビングショップ・株式会社アークダイブ・安全対策

アークダイブでは、沖縄でのマリンレジャーを安全に楽しんで頂くために、「ショップレベルの維持・向上」「スタッフトレーニング」「安全対策訓練」等、様々な安全対策に取り組んでおります。

ショップに関して

スタッフに関して

アークダイブのスタッフは、インストラクター資格と国家資格の潜水士を保有し、沖縄県公安委員会にガイドダイバーとして登録されております。ダイビングショップには、CPR(心肺蘇生法)やAED(自動体外式除細動器)その他、DAN酸素資格を保有しているスタッフが常勤しております。

また、ダイビングという過酷な業務に従事する者として、全スタッフは年2回の健康診断をもって、呼吸器系、循環器系、代謝機能系、感覚器系、その他あらゆるダイビングに直接影響を及ぼす身体機能に何らかの問題もないことを証明するための健康診断を受けております。自分自信の健康に不安がある場合は、直ちに専門医の指示に従っております。

安全対策装備に関しまして、万が一に備え、フロート(レーダー反射機能付)、シグナルホーン、ミラー、ホイッスルのセーフティーグッズを携行し、ドリフトダイビング時には、特注のハウジングに携帯電話を入れて携行しております。

フロート(レーダー反射機能付)シグナルホーンミラーホイッスル携帯電話

安全設備に関して

安全講習およびトレーニングに関して

アークダイブでは、スタッフおよび、ショップの安全対策レベルの維持・向上の為に、ダイビング事故対策訓練・レスキュートレーニング・CPRトレーニング・DAN酸素プロバイダ講習にも積極的に参加しております。

ホームへ
ページの先頭へ