FAQ
よくある質問

メガネやコンタクトをご使用のお客様には、度付きの水中メガネをご用意させて頂きますのでご安心ください。

ソフトコンタクトは、着用したままコースに参加していただくことも可能ですが、万が一紛失、破損した場合は、補償することができかねますので、ご了承ください。 そのため、ワンデイといった使い捨てソフトコンタクトレンズのご利用をおすすめしております。念のため、替えのコンタクトレンズ、メガネなども一緒にご持参ください。

ハードコンタクトの場合、外れてしまう可能性が高いため、度付きの水中メガネのご利用をお勧めいたします。

※度付きの水中メガネは近視用のみご用意しております。また、左右で異なる度数のご用意はできませんので、予めご了承ください。

雨の影響は水面だけなので、水中に入るダイビングにはほとんど影響ありません。
コースの開催基準は、天候(晴れ、雨)よりも、海洋状況(風の強さ、風向き、波の高さ)による場合がほとんどです。

また、「青の洞窟は、晴れていないと青く見えないのでは?」とご心配される方が多いようですが、天候にかかわらず、青く見えますのでご安心ください。

乗り物酔いしやすい方は、ご自身の判断で服用してください。心配な方は当日スタッフにご相談ください。
※アレルギー等お持ちの方は医師へ事前のご相談をお願いいたします。

ダイビングは水泳とは違いますので、泳げなくても大丈夫です。
水中で呼吸ができますので、息継ぎの必要がありません。また、足ひれを履くことで、水泳よりもずっと楽に泳ぐことができます。

以下サービスに関しまして、送迎サービスを行っております。

  • ライセンス講習
  • ファンダイビング

無料送迎が可能な範囲は、那覇空港及び、以下市町村内ホテルとなります。

  • 那覇市
  • 浦添市
  • 宜野湾市
  • 北谷町

複数ホテルを回るため送迎には時間がかかります。朝夕の大切な時間を無駄にしないためにも、宜野湾市内でのご宿泊をお勧めいたしております。

体験ダイビングコースにつきまして、送迎サービスは行っておりません。
但し、団体様の場合、ご宿泊先によっては送迎が可能な場合もございますので、一度お問合せください。

水泳のように泳ぎ続けなければいけないわけではありませんので、心配いりません。
ダイビングはマリンスポーツではありますが、スポーツ(競技)とは違います。水の中をゆっくり観光するスポーツです。
また、アークダイブでは、お客様のペースに合わせてコースを開催させて頂きますのでご安心ください。

どのような水着でも構いません。ただ、水着の上からウェットスーツを着用して頂きますので、あまり装飾のない、競泳用の水着の方が、ゴワゴワしなくて着やすいかもしれません。

ダイビング中にサメに襲われたということはありません。
ダイビングをするポイントは水深が浅いため、人を襲うようなサメが回遊してくることはほぼ考えられません。

ございます。
インストラクター対お客様の人数比は以下の通りです。

●体験ダイビング

インストラクター1名に対し、最大4名のお客様

●ライセンス講習

インストラクター1名に対し、最大4名のお客様

●ファンダイビング

インストラクター1名に対し、最大6名のお客様

問題ありません。
弊社のライセンス講習では、まず初めに体験ダイビングをすることで、ダイビングの楽しさを知って頂きます。「ダイビングって楽しい!」と感じて頂いてから本格的な講習に入っていきますので、未経験者の方もご安心ください。

お車の中には、貴重品を置かないようにお願い致します。集合店舗にロッカーがございますので、そちらをご利用ください。

●宜野湾本店:ライセンス講習、ファンダイビング集合場所

10台分の無料駐車場をご用意しております。事前予約が必要になりますので、レンタカーでお越しの際はお申し付けください。

●アイランド俱楽部:体験ダイビング集合場所

予約不要の無料駐車場をご用意しております。

温水シャワー、更衣室、ドライヤーがございます。パウダールームもございますので、ツアー終了後、ホテルに帰ることなく直接観光にお出かけすることも可能です。

問題ありません。健康な体とやる気さえあれば、誰でも参加可能なコースとなります。

コースは18歳以上から30歳未満が対象となりますのでご参加いただけます。
ただし、未成年の方は保護者様の同意が必要となります。

試験には泳力テストがあります。泳ぎが苦手な方は、各自でトレーニングしていただきます。
また、ダイビングの仕事には体力が必要です。体力に自信がない方や、中耳炎や副鼻腔炎になりやすい人はおすすめしません。

参加可能です。
資格ももちろん必要ですが、現場で戦力となるためには経験がなにより重要です。アークダイブのワーキングスタディコースでは、実際の現場でインストラクターのアシスタントとして活躍して頂きますので、即戦力で働くことができる実力が身につきます。

インストラクターまで取得した場合、ご希望であれば、個別に就職カウンセリング&セミナーを行います。就職先の斡旋が可能な場合もございます。ワーキングスタディコース期間中は、色々なダイビングショップを見ることができますので、その間にご自分の目指す所を見つけてください。

購入することをおすすめしています。
ただし、コース参加前にご自身で用意する必要はありません。コース参加中であれば、各種器材を卸価格で購入して頂けます。購入する際は、様々な器材に触れ、使用した上でご検討いただくことをおすすめいたします。
金銭的に器材の購入が難しい場合は、お客様に貸し出しているレンタル器材をご使用いただくことも可能です。

拘束時間が不定期なことや、体力的なことからアルバイトはおすすめできません。
また、インストラクターからのフィードバックをまとめたり、資格取得のための勉強を業務時間外で行う必要があるため、アルバイトに費やす時間はありません。

寮は相部屋になります。その年のご参加者数にもよりますが、ほとんどの場合二人部屋となります。

すべての寮にWi-Fiを完備しています。

生活する上で、車を持ち込む必要はありません
車を持ち込む場合は、ご自身で駐車場を借りて頂くことになります。その際は事前にご連絡ください。

特別な許可がない限り、社用車を休日にお貸しすることはできません。

新規ご予約のお客様に関しましては、ご確認事項が多いため、ご予約フォームよりお願いしております。
ご都合が悪い方は、電話(098-897-1234)でもご予約いただけます。

当日予約も承っております。ただ、ご予約状況によっては、ご希望のコースやスタート時間でご案内できない場合がございます。特に、ゴールデンウィークやお盆などの繁忙期は、その可能性が高いので、ご予定が決まり次第、できるだけ早くご予約されることをおすすめします。

お手数ですが、メールまたは、お電話にてもう一度ご連絡をお願いいたします。
メールの不都合などで、お客様からのお申込みメールが弊社に届かない、または、弊社からの返信メールがお客様に届かない場合がございます。48時間経過しても弊社からの返信メールが届かない場合は、ご予約が確定していない恐れがございます。お手数おかけいたしますが、再度のご連絡をお願いいたします。

下記のキャンセル料がかかります。
前日:50%
当日:100%
ご都合が悪くなった場合のご連絡は、できるだけ早めにお願いいたします。体調を崩してしまった、天気が悪いから、時間に間に合わないなど、事情をお話しください。日程や時間の変更が可能な場合は、できる限り対応させて頂きます。
また、台風などにより、ツアーが催行できない場合や、ツアー内容に変更が伴う場合につきましては、予めこちらからご連絡させて頂きます。

はい。ご予約可能です。
那覇空港に遅くとも12時までにご到着頂ければ、空港お迎え後ダイビングして頂くことができます。

ダイビング後、飛行機搭乗まで18時間以上の待機時間が必要になります。その日のうちに飛行機に乗ることはできないため、沖縄出発日のダイビングはできません。

心配いりません。お一人様からでも安心してご参加頂けます。
体験ダイビングでも、ライセンスでも、ファンダイビングでも、お一人様で参加される方は以外と多いです。海が好きで集まっている人たちばかり。他の参加者の方ともすぐに打ち解けて、仲間の輪が広がります。ダイビングを通してお客様同士が繋がり、たくさんの笑顔を生む架け橋になることが私たちの願いです。

台風が直撃しない限り、中止になることはほとんどありません。沖縄本島は広いので、台風が近くまで来ていても、場所を選べば安全にダイビングすることができます。それでもどうしようもなく、中止になる場合は、事前にこちらからご連絡させて頂きますのでご安心ください。

現金、各種クレジットカード、QR決済をご利用いただけます。

●取扱いクレジットカード

VISA、MASTER、JCB、DC、AMEX

●取扱いQR決済

PayPay、メルペイ、auペイ

各コースごとの年齢制限は下記のとおりです。

体験ダイビング 満12歳以上
ライセンス講習 満15歳以上
ジュニアライセンス講習 満12歳以上
プロレベルライセンス講習 満18歳以上
ファンダイビング 満10歳以上
60歳以上のお客様へ

病歴診断書をダウンロードして頂き、ご自身の健康状態についてチェックして頂く必要があります。病歴に該当するものがある場合は、事前にアークダイブまでご連絡下さい。医師の承諾を得られた場合、健康診断書をご提出して頂ければご参加して頂けます。

未成年のお客様は親権者様の承諾書が必要です。親権者様が沖縄に一緒に来られない場合は、事前に必要書類をメールか郵送にて送りますので、お問合せください。

持病をお持ちのお客様は、病歴診断書ダウンロードして頂き、ご自身の健康状態についてチェックして頂く必要があります。病歴に該当するものがある場合は、事前にアークダイブまでご連絡下さい。医師の承諾を得られた場合、健康診断書をご提出して頂ければご参加して頂けます。

一般的に、生理中のダイビングは問題はありません。日常生活に支障がない程度の症状であれば、生理用品を使用することで通常通りのダイビングが可能です。ただし、腰痛・腹痛など生理痛のひどい場合や精神的に不安定な場合は無理してダイビングする事は避けましょう。薬を服用している方も、ダイビングにご参加できない場合がございます。生理痛がひどい方は、一度お医者様にご相談の上、ダイビングにご参加されることをお勧めいたしております。

【ナプキンの使用】

ウエットスーツの時に?と思われるかもしれませんが、使用できます。ビキニタイプの上からズボンが1枚はけるタイプの水着であれば外から見えません。ただし、海水まで吸収してしまうので、海からあがった時、スーツについてしまったり、スーツを脱いだ時に海水とともに血液がしみ出てしまうことがあります。ダイビング後は、なるべくすぐにトイレに行き、新しいナプキンに替えるようにしましょう。

【タンポンの使用】

1回のダイビング毎に替えることをおすすめします。利点は、普段と同じようにダイビングができること。使用法を守り、無理のないようにご利用下さい。使用経験のない方は、無理をなさらないように。

申し訳ございませんが、妊婦さんのご参加はお断りさせていただいております。
妊娠中のダイビングは母体と胎児の双方に影響が出てくる可能性があります。

女性インストラクターが常勤しておりますので可能です。ただ、その日のご予約、出勤状況によっては、ご希望に添えない場合がございます。